中3生と長話

タイミングが今しかないと思い、某中3生と長話をしました。

お迎え、お待たせして申し訳ありません。

 

断言できることは「まだ諦めてはいけない」「目指すところは下げてはいけない」ということです。

最終的にどうするかというのは総合的な判断が必要なわけですから、1つの結果からすべてを論じるのは不可能です。

目の前の総合テストで、戻すべき教科を戻し、アップしたキープすべき教科をキープできるか。今はそこにすべてを集中です。

 

学校のテストの今までの傾向はもうある程度分かるわけですから、広い範囲でいかにできないことを減らせるか。学習した問題を定着できているか。

どんなときでも、勉強しても定着してなければしてないのと同じです。

諦めることなく、目の前のテストに。

まだ週末がありますから、多くのことが出来るはずです。踏ん張りどころです!