無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

無双塾って宿題が多いの?

よく聞かれたりするWordですね!

「塾の宿題、多いですか?」

 

以前書きましたが、消してしまいましたのでまた追加して書きたいと思います。

すべて調べたわけではないですが、近隣他塾さんを含めた中で、無双塾は一番宿題が多いと思います。ただ、適量だと考えていますので多いという認識はほとんどないです。

おこがましいかもしれませんが、無双塾が出来たことで宿題の量の概念というか、そういったものが変わりましたよね、きっと。

他塾さんが普通で無双塾が多いみたいな感じになっていますが、実際には他塾さんが少なくて無双塾が適量だと考えています。あっ批判じゃないですよ!少ないことが悪いと言っているわけではないです。必要だという判断基準が違うだけです。宿題が出ない塾さんもありますよね、それはその方針ですから当然問題ないです。

多いから良いとかそういうことではなく、適量は適量です。それが結果的に他塾さんより多かっただけですね、無双塾は。私自身は全く意識していないです。

 

塾の宿題が手一杯で学校のことがおろそかになると言いたい人がいらっしゃるようですが、私から申し上げると、上位の学校である岡崎高校・刈谷高校・岡崎北高校などを目指されるのですよね?中学校と中学レベルの塾の両立は出来ないのに、高校ではやっていけるのでしょうか?もしそうなら…高校を舐めていると思われても仕方がないです。

多くの高校生が勉強で苦労します。

なぜ?

高校レベルだからです。

それがより上位の高校になるほど、難易度が上がります。スピードもはやいです。量も増えます。より上の高校に行くほど、苦労する可能性が上がります。これは、間違いなく事実です。

 

別の切り口で行きましょうか。

岡崎高校…例年100名以上の生徒が浪人しています。

正確には書きませんが、3人に1人が浪人するくらいの割合です。

どうしても行きたい学校に行くために、多くの生徒が浪人します。これが岡崎北・岡崎西と平均的な学力が下がるほど浪人する割合も減少します。

より上位の高校へ行けば、勉強の争いも激化しますし優秀な生徒の割合も増えます。そういう中で勉強していくのですよ?高校は。

 

中学レベルの無双塾の宿題?量?

高校と次元が違います。比較すらおこがましいです。

「中学のことをしっかりやりながら、塾のこれくらいのことしっかり両立してやれないと話にならないな」くらいの気持ちで、私は勉強してほしいと考えています。

 

もうちょっと書きましょう。

この7年間でよくわかりましたが、岡崎市って部活動強いですよね。他地域から来た私からすれば、部活や行事にかける時間や労力がとても多い!と思います。西三河地区の大会でも岡崎市が上位を取るんですよね。それって、それなりに練習するからですよね。他のことをある程度犠牲にして。。。。。その犠牲にされているうちの一つは確実に勉強ですよね。

 

勉強も結局同じなんです。出来るようになるために練習が必要なのです。時間をかければ良いと言っているわけではなく、結果的に時間が必要なものなのです。そう考えれば、無双塾の演習する・暗記するという学力をつけるための練習は必要不可欠のものなわけです。

 

話がちょっとタイトルからずれてしまいましたが、学力をつけるための練習として宿題があり、(授業内演習も)出しっぱなしでは意味がないので宿題チェックで指導が入るわけです。

 

私としては、合理的に考え実行しています。