百聞は一見に如かず。

musojuku.hatenablog.com

 

分布を載せてみました。

載せるか悩みましたが、学校に通っている人は自分の学校の学力レベルについてもっと関心を持たなくてはいけないと思います。だから載せました。

これが現実です。

 

得点率60%の150点でも学年43位が獲れる。これで「成績が良い」と言われるのですかね?順位を考えれば内申4が並ぶわけですよね…。

得点率50%の125点でも学年70位が獲れる。半分の点数で上から3分の1に入れてしまうの…??

 

こうなると、勉強もしなくなる可能性は高くなりますよね…当然。点数が悪くても順位は悪くないわけですから。で、平均点が低い=難しいと勝手に解釈をして、あとは負のスパイラルです。

勉強ができない或いはそれなりにやっていない人が相当数いると想定されます。その数の多さが平均を押し下げているのです。分布を見れば明らか、ですよね。

 

問題を見た限り、愛知県公立高校入試の方が難易度が高いのは確かです。

※2019年8月実施の愛知全県模試も、この実力テストより難易度が上でした。

 

こういった成績分布を通じて、果てして自分の順位は良いといえるのか?そういった自問自答は必要だと考えます。特に2桁順位の人はしっかりと考えなくてはいけないと感じます。是非参考にしてください。

 

f:id:musojuku:20191001154604j:plain