無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

現在は https://muso-juku.net/ で更新中!

差がある、ということが逆に良い方向に?

中2は塾生と講習生に差がある旨は書きました。

今回は宿題もしてあり、その点は良かったです。

ただし、漢字で書くべきところを平仮名で書いて〇にしていましたから、それは再度直すように話しました。

漢字で習うものは漢字で書かないと意味がないです。

 

とにかく、テストで学校で平仮名で書いて〇がもらえることが問題(漢字指定でなければ)です。先生によっては定期テストで「漢字が自信ないなら、平仮名で書いておいて!」という方もいらっしゃるくらいですから。ひどい話です。そりゃ漢字が書ける生徒は減るでしょうね。困るのは生徒…

 

話は逸れましたが、差があるがゆえに、塾生には中学校で習ってはいないけれど塾では既習のところを授業で演習し、解説することができました。(2ページ分)講習生には、復習部分を演習してもらっている間に…です。それでもまだ進度に差がありました。

 

思うのは、小6時もしくは中学入学時はそんなに差は大きくなかったと思うわけです。

それでも差になってしまうのは、量と質にこだわり、一定期間その指導を受け、取り組んできたことは大きいということでしょう。やはり、方向性は間違っていないのかなぁと改めて感じます。逆に、今の水準未満のことは無双塾では絶対にやれないですし、やりたくもないですね。

 

量と質。今後もこだわります。

大事なのは、基本。

 

 

musojuku.hatenablog.com

musojuku.hatenablog.com

musojuku.hatenablog.com

musojuku.hatenablog.com