無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

内申点のつき方がかなり甘いね及び中学生の塾生の内申平均

内申が良くないだろうと思っていた生徒が思ったより良かった…

そういったケースの生徒が複数名いました。

内申点というのは悪いよりは良い方が良いわけですが、甘くつくということに対しては私は否定的です。

結局「主観でしょ?」ってことになりますから。これは良くないことです。それは塾を運営する立場になってもなおそうです。悪いよりは良い方が良いわけですが、適切に客観的に評価してほしいです。

「〇〇はまず、4だろうね」と話していたのに普通に”5”これは塾泣かせですね。(苦笑)本人のためにも。

 

それでは、一学期における【中学生の内申点の塾生平均】にいってみましょう。

  • 国語…4.6
  • 社会…4.7
  • 数学…4.9
  • 理科…4.9
  • 英語…4.7
  • 5教科…23.8

このような感じになります。

見ればわかります通り、現在の無双塾は”5の生徒が多数派”ということになります。

ただし、課題も当然あり、国語は1名、社会も1名内申3の生徒がいますので、その生徒たちがまずは4以上になることが課題でしょう。

それが達成できれば、塾生は全員内申4以上という結果を出せます。これが理想ですね。

 

【追記】

中1生と中3生は、全員5教科オール5でした。

 

内申点に対して実力が追いつくように…これも、課題です。

内申に見合った学力を!

 

 

 

musojuku.hatenablog.com