無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

2019年度愛知県公立高校入試の定員に関して。

岡崎高校400名のまま

刈谷高校400名のまま

岡崎北高校は360名で40名減少

岡崎西高校も360名で40名減少

のようです。

 

おもうにこの現象の最大の要因は、

合格ラインを上げる(正常値にする)ためでしょう。

佐鳴予備校さんの書籍”2019年度版サクセスロード”を見れば、明らかに岡北と岡西の2校の合格ラインが例年より下がったことは明白です。それが許容できないレベルになったということでしょう。

これは受からないだろう…という層が受かってしまい、支障が出ている部分もきっとあるのでしょう。

それは高校での模試の平均点なども活用されるのかな?

そこまでの内部のことはわかりませんが、情報は持っているはずですからね。

現場の声なども反映されるのでしょうね。

 

(推測です)