勝手に書いて、勝手に完結。

妥協という言葉を考える。

 

 

以下、Wikipediaより

何かの物事を進めるにあたって、関係する双方の意見が食い違い、そのままではそれ以上の進展が望めそうもないときに、いずれか一方が自身の意見を取り下げたり、あるいは双方が互いに相手の意見を一部容認して、歩み寄りして、問題の打開を図ること。本当は不本意なことではあるが、窮地を打開するために、自分の主義主張を取り下げ、相手に一歩譲ること。

 

打開を図ること、ってことは打開を図ることを目的としているんですね”妥協”とは。そうなのか?

目的が打開ではないのなら何なのか。

”諦める”ということか?それとも”無関心”か?それとも”迎合”?”同調”?

でも愛情の反対は無関心とも言うし、言葉とは難しいですね。

 

最近より強く思いますね、勉強ってできないよりはできた方が絶対に良いですが、それはマストじゃない。

それ以前のことがとーーーーっても、とっても大事だってこと。

その想いは絶対に忘れてはいけないし、それがわからないとすれば気持ちの共有というかそういうのは無理なのでしょう。

だからこそ、その想いをずっと大事にしたいですね、僕は。

そして、その想いを大事にしながら自分のなすべきことに徹するということをもっといないといけないと感じています。

初心忘るべからず。

 

OPEN以来変えていない(はず?)文章

本気で成績を上げたい!そのための努力をする子を応援する塾
それが無双塾
頑張らないのに成績が上がるなんて魔法の方法はない
すべきことを徹底的にするから力がつく、できるまでやるから力がつく
頑張るとはそういうことだ

 

本気で成績を上げたい子のための塾だ!

そういう子達に時間をかける塾でないといけません。

自分へ(自己完結)