無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

中3生にとって最後になるであろう宿題チェックシートに書いた言葉。

 おそらく,これが無双塾における最後のチェックシートになると思います。

さて,いよいよ公立高校入試が迫ってきました。どんなきれいごとを並べても,入試は競争ですから,倍率1を超えた時点で必ず誰かは落ちます。同時に,必ず誰かは合格するのです。内申点があれば必ず合格するわけでもないし,足りなければ必ず落ちるわけでもないし,当日が取れれば必ず合格するわけでもないし,当日取れなくても必ず落ちるというわけでもないです。

 内申点もあって当日取れれば合格する,それが愛知県の公立高校入試の特徴ですが,僕はあえてきれいごとを言いたいと思います。

 学力というのはより多くのことを身につけた者に宿ることは言うまでもない。だからと言って,たくさん時間をかければ学力がつくというものでもない。でも,その時間軸はさておき,勉強に対して本気で真摯に向かった者が合格を勝ち取ってほしいと僕は考える。入試とはきれいごとではないが,そういった入試になって欲しいと願ってやまない。以上


こんなきれいごと、通じないとはわかってはいるけど、僕は結果よりもプロセスを重要視する人間なので、本当にこのような入試になって欲しいと切に願っています。


無双塾の生徒たちが本気で勉強に向き合っているのであれば、当然、全員合格してほしいですし、そうあるべきだと思います。



無双塾