無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

中学生にセンター試験を解いてもらいました。

中学生塾生にお盆に自宅で2016年度センター試験の問題(英語)を解いてもらいました。


センター試験とは高3生・浪人生が1月に受ける大学入試試験です。


結果は筆記200点満点において8割超え。


事前に受ける前から「最低でも8割は超えると思うよ。」と話していたので。(仮に8割超えてなければマズイという話もした)


8割ラインはきちんと超えてきました。


お気づきでしょうが、帰国子女でなくては中学生でこれ程取れません。(もちろん帰国子女の方がすべてこの水準にあるかは別問題)


中学で英語のテストで毎回90点とか取っている子でも、センター試験をやらせたら50点もいきません。(超える子はいるのでしょうがごくわずかでしょう)


つまり100点換算すれば25点もいかない。


ですが、うかうかしていられません。


確かに受験生でもない中学生でこの得点力を凄まじいわけですが、


岡崎高校のセンター試験英語の校内平均点は約160点(8割)です。


受験時には、190点前後にのせたいですよね!!!



ちなみに8割ってどれくらい???


ってことなのですが、


もし全教科トータルで8割超える学力があれば、名古屋大学のセンターボーダーレベル(確率2分の1くらい)です。


つまり、東大・京大・国公立大医学部を除けば勝負できる水準だということです。