無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

学力は点や線でとらえるのではなく、

面(面積)でとらえなくてはならない。


そんな話を中2の授業でしました。


穴が大きければ、それだけ埋めるのには時間がかかるし勉強量が必要。


穴が小さければ、埋める時間は相対的に減るため、早い段階で成果は出やすいのでしょう。


別の切り口で言えば、


目標とするところが同じであれば、


勉強量・勉強時間等が同じであるならば、


現状より上の方にいた者が勝つ可能性は高い。


であるなら、負けている者が逆転するには、


勉強量や勉強時間や中身で勝たなくてはならない。


勉強以外のやりたいことに時間をかけているようでは、勝負以前の問題ですね。