無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

範囲内だから問題ない。

「学校で習っていないのにテストに出た」


こういう発言は、学校においてテスト後にみられるだろう。


本来の定期テストの趣旨というのは、


学校で習ってことがきちんとできているか確認するというものだと思う。


本来はそうであるはずだが、


忘れてはいけないのは、テスト範囲内か範囲外かである。


範囲外であれば、明らかに作成者が宜しくないのだろうが、


範囲内であれば、


学校で習ったかどうかはさして問題ではないと思う。


だって、”範囲内だから”


定期テストというのは事前に範囲を教えてくれるのだ。


範囲内の教科書の内容から出ている限り、勉強をしない方が悪い。



※それはそうと、葵中の問題を生徒に見せてもらいました。

中1数学において、範囲外の分数のかけわりが出てました。

問題としては非常に簡単だし、塾で普段扱うレベルよりだいぶ下ですが、

簡単だからといって、範囲外のものを出すのはちょっとナンセンスな気がします。

出すなら範囲にすれば済む話なのだが。


テストに向けてしっかり準備をしている子が世の中にはいるわけだから、そういうことはいかがなものかと思う。