無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

志望校はどこだって良い。目指すところもどこだって良い。ただ…


今年の中3(新高1)は入塾時はみんな内申30がなかった。


内申点がオール3ない子もいた。

(無双塾の中学生入塾基準はオール3以上ではなく、平均点以上。つまりは、順位が真ん中以上になる)


それでも、目指すべき学校に合格するためというか、力を少しでもつけるために毎日努力をしてくれた。

(受験は通過点と考えているため)


時には厳しいことも言った。

(自分目線でいえば普通だが)


それでも、みんな一生懸命頑張ってくれた。


内申は上がり、順位も自己ベストを更新。


オール3からも脱却してくれた。


30を超えた子もいた。


4を取ることができた。



志望校に合格することよりも、頑張り続ける、努力し続けることの方が価値があると思っている。


少なくとも無双塾は。


合格というのは一つの結果に過ぎないから。

(それでもその結果が重要なのは言うまでもないが)



地区TOP高と呼べるような高校には進学する子はいない。


別にそれで良い。


「行きたい」「ここに行く」と本気で思えれば学校レベルなどどうでも良い。


僕が大事にするのは、日々の姿勢・出来だ。


高い目標を掲げるのは個人の自由。


その権利は誰しもある。


しかし、それに向かって努力をしない者は、希望する結果が出なくともやむを得ないだろう。


勉強はきれいごとじゃない。


受験もきれいごとじゃない。


甘くないのだ。


1点足りずに不合格する者が何人も何十人もいる。


プロセスがなければ結果は出ない。


最上級のプロセスがあっても結果が出ないこともある。


だからこそ、無双塾はプロセスにこだわる。


それが日々の出来であり姿勢である。


それなしに「成績を上げたい」というのは傲慢である。


理解・暗記・演習・宿題・復習を妥協せずするのは至極当たり前だ。


日々そう思いながら、妥協なき指導をするのが無双塾だ。



現中2(新中3)の志望校は岡崎北高校・岡崎西高校・豊田高専しかいない。



再度言おう。


高い目標を掲げるのは個人の自由。



その権利は誰しもある。



しかし、それに向かって努力をしない者は、希望する結果が出なくともやむを得ないだろう。




テスト前だけ?


長期休みだけ?


日々だよ、毎日だよ、勉強するのは。


1日1日を大事にしていこう。


これは受験生に留まらず、全員に言えることだけどね。



≪新規入塾生・春期講習受付中≫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆TEL

0564-64-3701

◆春期講習http://ameblo.jp/continuous-study2012/entry-11462042891.html をクリック!!


◆高校準備講座http://ameblo.jp/continuous-study2012/entry-11454390860.html をクリック!!


◆無双塾HP(webからのお問い合わせは24時間OK

  http://musojuku.jimdo.com/


◆塾生・保護者様専用BLOG

   http://musojuku.jugem.jp/