無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

お問い合わせありがとうございます。


3時半から1時間ほどで3件のお電話をいただきました。


ありがとうございます。


いくつか質問されたことの関連事項

を載せたいと思います。



【テスト対策に関して】

テスト前に特に力を入れる塾さんが多いそうですが、無双塾が力を入れるのは日々の姿勢・出来です。覚えるものや身につけるものは日々の話であって、テスト前でも受験前でもありません。

(テスト前や受験前は最後の確認をする期間で、新しいことをする期間ではない)


普段の勉強にこだわります。(理解・暗記のインプット、演習・実践のアウトプット)


ですから、テスト前に通常授業とは別にテスト対策授業をする予定はありません。そして、テスト対策授業は、テスト前の通常授業をテスト対策授業として実施するだけです。


少なくとも無双塾では、今のところ、日々の姿勢・出来通りにテストの結果が出ています。



【宿題に関して】

普通に出ます。必要量です。

宿題が出ない塾さんがあるそうですが、無双塾では考えられません。(さすがにテスト前日は出さないことはあります。)


わからないところは質問をして解決するようにしてもらっています。


将来求められるのは、リアクションではなくアクションです。

自分からの行動を大事にしています。



【厳しそう、の話】

おそらく無双塾の考え方は、お父さん・お母さんからすると「普通でしょ?」という意見が多いと思います。少なくとも僕はその感覚です。


厳しいとか普通とか甘い(優しいとの勘違いは怖い)というのは比較論です。無双塾が厳しいと感じるということは、今が甘いってことです。


今の塾生は、どの子も良くわかっていることでしょう。


別に無双塾は厳しい指導など目指していません。

竹刀を振り回すこともしません。


妥協をしていないだけなのですが、それが=厳しいとなると、”当たり前のレベル”ってなんなんですか?って本当に思う。


モノづくりでも何でも良いのですが、例えば安全面で妥協された自動車に乗りたいですか?ってのと同じ。


妥協しない。それがすべきことでしょう。



分からなければ調べる。質問をする→理解・解決する


できないものも同様→解決する


覚えるべきもの→覚える


できなければいけないもの→調べたり質問してできるようにする


宿題の期限を守る(ルールを守る)→あたり前


あいさつ・礼儀を大事にする・約束を守る→常識



至極当たり前です。


その当たり前のことをしっかりして、それを継続すること大事だ!


と指導して、それが「厳しい」なら、世の中どうなるんですか…。







ご興味がございましたらお問い合わせください。

[TEL]

(0564)-64-3701


※3月18日(月)から順次小・中学生の新年度授業が始まります。

18日(月)から:新小5・新中1

19日(火)から:新小6・新中2

20日(水)から:新中3


≪新規入塾生・受付中≫


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆春期講習http://ameblo.jp/continuous-study2012/entry-11462042891.html をクリック!!


◆高校準備講座http://ameblo.jp/continuous-study2012/entry-11454390860.html をクリック!!


◆無双塾HP(webからのお問い合わせは24時間OK

  http://musojuku.jimdo.com/


◆塾生・保護者様専用BLOG

   http://musojuku.jugem.jp/