無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

愛知全県模試の結果


8月末に愛知全県模試を受けてもらって、


結果を返却。(一週間前)


模試を受ける前に


「たぶん相当…。出た結果はそれが現在の実力…。云々」


という言葉を中3生には言った。


悪い結果だろうという意味で。


模試を受けた子はお盆講習で先取り授業しかしていないので、(いわゆる総復習の夏期講習は受講していない)


模試の範囲は一切塾の授業ではやっていない。


「夏期講習で復習をしていなかったから悪いのだ」


と言いたいわけではなく、


日々の出来は裏切らないということが言いたい。


お盆講習の授業内でも


「ココがダメ!マズイ!この単元は復習しておこう!分からなかったら教えるから絶対聞いて!


と言っておいたのにも関わらず、


夏休みにしっかり復習せず。


それが今回の結果にモロに出ましたね。


今できることは、


見直しは終わっているから、


再度真摯に結果を受け止めることだ。


自分の実力を再認識をし、


次の模試に活かそう。


今までやってこなかったツケが結果に出たね?


次はそうならぬよう、


今回の失敗を活かしましょう!


失敗しても次に活かすことができれば、


それは意味のある失敗です。


そうそう、


こんなことを書くと、


「塾として何も対策を講じなかったのか」


と言われそうですが、


それは次のblogで書きますね。