無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

誰のおかげで塾に通えているのか


昨日の授業の中でこういう話を少ししたのでブログでも。


「誰のおかげで塾に通えているのか」


答えはシンプル。


自分の親です。


塾に通えるということは当たり前ではない。


通いたくても通えない子がいる。


そのことを忘れてはいけない。


もう一度言う。


塾に通えるということは当たり前ではない。


通う以上、


あなたたち生徒というのは全力で勉強するという義務を負う。


気分の問題じゃない。


全力でやるんだよ。


忙しいだの大変だの理由になりません。


自分の親は誰のために塾にお金を払っているのか。


あなたの親は大変だからという理由で仕事を休みますか?


しっかり考えてほしい。



勉強の良いところは、


積み重ねては積み重ね、


忘れては復習という繰り返しだが、


その先に得るものがあるのが良いところだ。


その得るものというのは人によっては違うだろう。


単純な学力だったり…


周りを喜ばせることだったり…


家族が喜んでくれたり…


頼られたり…


それでも得るものが何かはある。


それは塾生の何人かは感じ取ってくれていると思う。


全力で努力する。


それをすべし。