無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

「個別指導」についての考え方


週末に折込チラシが入る予定です。



そこでは少ししか触れてないので、(本当に少し)


個別指導についてブログで書いてみようと思う。


無双塾の考える個別指導というのは


「個別に指導すれば個別指導」


だということ。


指導形態云々を語る人もいるが、


そんなのはどうでもいい。


無双塾は集団指導塾なので、


個別指導塾という立ち位置ではない。


ただ、


学力や習熟度は個人差があることは間違いないし認識をしている。


だからこそ、


自習・質問大歓迎で個々に対応するし、


その時間枠も多く取っている。


塾も23時まで開校している。


知らない人が多すぎるから書いておくが、


個別指導の個々に合わせた指導というのも、


学力が違っても説明の仕方などにさして変わりはない。


残念ながらこれは事実だ。


机上の空論ではなく、


現場の人間なので事実であることは当たり前だ。


個別指導と言っても「進度」「教材レベル」を個々に合わせているに過ぎない。


ちなみに、


世の中に出たときに、


「個々に合わせてくれる機会」などほとんどない。


「自分が合わせていく」


社会とはそういうものであり、


それが「適応する」ということでもある。


社会に適応しながらも個を出すことが大事なのである。


であるならば、


塾も同じである。


集団という中で競い合い・助け合い・認め合い、


個を出していく。


疑問点があれば「自分から」発言・行動する。


それを塾側が応える。


それが真の「個に対する指導・対応」であり「自立」への姿勢だ。


だからこそ、


無双塾は個別指導はするが「個別指導の授業はしない」


だから、


無双塾の個別指導は必然的に無料になる。


こんなことは書くと「きれいごとだ」とか言われそうですね。


でも、


分かる人には分かっていただけると信じているし、


分からない人には分かっていただく必要すらない。



分かっていただける人たちと、


ともに成長するのみ。



誰でもウェルカムは学校と同じ姿勢であり、(学校は致し方なし)


それを塾でやったら意味がなくなる。



本気の子と一緒に頑張る。



それが無双塾。