無双塾@愛知県岡崎市の代表BLOG

塾のことを中心に、色々なことを書いていきます。

自塾への想い


世の中には多くの塾がある。


それはもう多い。


個人


中堅


大手


さまざまな規模があるが、


中身を見てみれば、


そんなに大差がなかったりすることが多い。


ただ、


実は個人塾レベルでされている方の塾の方が色があるし強みも明確だ。


これはほぼ間違いないと思う。


無双塾は、


この「強み」の部分があるかどうか


であるが、


なければ自分で塾をやっていない。


地域にある既存の塾と同じことをやっていたのでは、


新しくやる意味がない。


僕はずっと作りたかった…


国立・公立の学校への進学を目指す塾


集団でも個別でもそうなんだけど、


特に高校受験の指導するにあたって、


2月前後が一番微妙な空気になる。


それは私立狙いの子の受験が2月の2週目くらいには終わるからだ。


受験の終了した私立組は、


一般的な傾向として勉強しなくなる子が多くなり、


公立組に対して悪しき空気を作る。


これは、


愛知県だからこそより感じるかもしれない。


愛知県は「公立王国」と呼ばれる。


その所以は、


私立高校のレベルより公立高校のレベルの方が高く、(東海・滝除く)


そして、


県内最難関高校レベルともなれば、


かなりの進学実績を出すからだ。(旭丘・明和・一宮・岡崎・時習館など)


学校でそういう空気感が出るのは致し方ないが、


塾は学校じゃない。


悪い空気は作りたくない。


だからこそ、


私立高校への推薦入試狙いの子は一切受け入れない。


みんな国立・公立高校狙いで、


同じ方向に向かって頑張る空間にしたい。